ICE GRILL$ RECORDS

Anxious

Back to Artist List
Home Town
Fairfield County, CT
Member
Grady Allen - Vocals
Dante Melucci - Guitar
Ryan Savitski - Guitar
Sam Allen - Bass
Jonny Camner - Drums

Biography

Biography
2016年にアメリカ、コネチカット州フェアフィールドにてまだ高校生だったメンバーによって結成。ウィルクス・バリのハードコア・バンドONE STEP CLOSERのギタリストでC.T.ハードコア・バンドLAST STRAWでもマイクを握るGrady Allenがヴォーカルを務め、同じくONE STEP CLOSERのフロントマンRyan Savitskiがギタリストとして在籍。2017年に6曲入りカセットテープ「Carved」をDIYでリリース。TEXAS IS THE REASON、SAMIAM、TURNING POINTといったポストハードコアから影響と90年代のオルタナティヴ・ロックのフックとクラシックなエモのダイナミズムをシームレスにブレンドしたサウンドで、早々にハードコア・シーンで注目を集めると即座にボストンのハードコアレーベルTriple B Recordsと契約。2019年に4曲入りEP「Never Better」、2020年に12月に2曲入り7"「New Shapes」をリリース。両極端とも言える異なった2つの作品によってハードコアシーンとエモシーンの両方の注目と称賛を得るとバンドは新たにRun For Cover Recordsと契約。2021年10月にニュー・シングル「Call From You」のリリックブック付き7"をリリースし、2022年1月にデビュー・アルバム「Little Green House」のリリースが決定。本作は、THE WORLD IS A BEAUTIFUL PLACE & I AM NO LONGER AFRAID TO DIEのギタリストでFIDDLEHEADの作品なども手掛けるChris Tetiをプロデューサーに迎え、アンセミックで高揚感のあるコーラスと調和の取れたハーモニーはより一層磨かれ、ハードコア譲りのアグレッシブな轟音サウンドはLIFETIMEやSENSE FIELDといったクラシックなバンドを思い起こさせ、本作で最もエネルギッシュな"Let Me"ではFIDDLEHEAD/HAVE HEARTのPat Flynnをゲスト・ヴォーカルにフィーチャーしている。また、「You When You're Gone」ではニューヨークのシンガーStella Branstoolを迎え、ドリームポップやインディー・ロックの影響を反映させた全く新しい一面を見せている。現在までにレーベルメイトであるFIDDLEHEADやONE STEP CLOSERとのツアーや、LIFETIME、SAVES THE DAY、KNUCKLE PUCKらのツアー・サポート、THIS IS HARDCORE、SOUND AND FURY、AMERICA'S HARDCORE、UNITED BLOOD、OUTBREAK FESTといったハードコアフェスにも多数出演している。

Recommended If You Like
TURNOVER, LIFETIME, TITLE FIGHT, SENSE FIELD

Video

Releases