artist_details写真

BIOGRAPHY //
2011年にアメリカ、ペンシルベニア州フィラデルフィアにて結成されたシューゲイズ/グランジ・バンドNOTHINGは、Deathwish inc.に所属していたハードコア・パンク・バンドHORROW SHOWのメンバー、Domenic Palermoを中心に結成されたバンドで、ex.DEAFHEAVEN / WHIRRのベーシストNick Bassettも在籍。2011年にLike Glue RecordsよりデビューEP「пошлость (poshlost)」をリリース後、日本のBig Love Recordsより「Suns And Lovers」12″、2013年にINTEGRITYやRINGWORMなどをリリースする凶悪レーベルA389 Recordingsより「Downward Years To Come」をリリース。2014年にはドゥーム・メタル、グライドコア、デスメタルなどをリリースするエクストリーム系最高峰のRelapse Recordsと契約後、デビュー・アルバム「Guilty of Everything」をリリース。また、同年にRun For Cover RecordsよりWHIRRとのスプリットをリリース。これまでにCOLD CAVE、FAILURE、TORCHE、HUM、CEREMONYらとのツアーやSXSWを始めとする数々のフェスティバルに出演。2016年5月にRelapse RecordsとICE GRILL$より2ndアルバム「Tired of Tomorrow」をリリース。プロデューサーにWill Yip (TITLE FIGHT, CITIZEN, TURNOVER) を迎え、MY BLOODY VALENTINEやSLOWDIVEといった90′sシューゲイザー、初期RADIOHEADやSMASHING PUMPKINSを始めとするグランジ/オルタナ、インディー・ロック、パンク、ポストメタルといった様々な要素を見事にブレンドさせた優しくもヘヴィーで浮遊感溢れるノイジーなギター、エモーショナルで心地良いハーモニー、ドリーミーで甘酸っぱいヴォーカルのメロディーが一体となったサウンドで、すでにNME、Rolling Stone、Noisey、Spin、NPRなどの音楽専門誌やラジオ、テレビなど数多くのプレスからも絶賛されている。同作はビルボード・トップ200を始め、ヒート・シーカーズ・チャート1位にランクインしている。同作リリース後は、CITIZENやCULTURE ABUSEとのツアーやJANE’S ADDITICTION、DINOSAUR JR.、DIIV、THURSDAYとも共演。2017年1月に初来日を果たし、JOY OPPOSITESとのジャパン・ツアーを皮切りに東南アジア・ツアー、AFIやCEREMONYらとツアーを行っている。

FOR FANS OF //
SMASHING PUMPKINS, MY BLOODY VALENTINE, RADIOHEAD, SLOWDIVE

TOUR DATES //
NOTHING / JOY OPPOSITES Japan Tour 2017
1/12 (Thu) – Kyoto @ GATTACA
1/13 (Fri) – Osaka @ PANGEA
1/14 (Sat) – Tokyo Shibuya @ THE GAME
1/15 (Sun) – Tokyo Shinjuku @ ANTIKNOCK







logo_
HOME TOWN
Philadelphia, PA
MEMBER
Domenic Palermo
Brandon Setta
Kyle Kimball
Nothing
"Tired Of Tomorrow" (IG-074)
Release date: 5/13/2016
Track Listing //
01. Fever Queen
02. The Dead Are Dumb
03. Vertigo Flowers
04. ACD (Abcessive Compulsive Disorder)
05. Nineteen Ninety Heaven
06. Curse Of The Sun
07. Eaten By Worms
08. Everyone Is Happy
09. Our Plague
10. Tired Of Tomorrow
11. The Heavenly Blue Flu *
12. Tic Tac Toe *
* Bonus Tracks
Buy CD