pen_detail

BIOGRAPHY //
2010年夏にアメリカ、ニューヨーク州バッファローにて結成されたPENTIMENTOは、地元ニューヨークを中心にTRANSIT、MAKE DO AND MEND、TITLE FIGHT、THE MENZINGERS、HOSTAGE CALMらと共演し、2011年7月にPanic RecordsよりデビューEP「Wrecked」をリリース。エモ、パンク、ハードコアからの影響を感じさせるサウンドはHOT WATER MUSICやMAKE DO AND MENDらと比較され、すぐさま注目を集めはじめる。2012年4月に同レーベルよりYOUNG ENGLISHとのスプリットをリリース。同年秋にはThe Fest 11出演やTHE SWELLERSとDIAMOND YOUTHとツアーを敢行。同年11月にJay Zubricky (EVERY TIME I DIE) をエンジニアに迎えた1stアルバムをPaper+Plastickよりリリース予定だったが、前レーベルPanic Recordsとの問題が生じ、急遽デジタル・フォーマットでのリリースを余儀なくされるがTAKING BACK SUNDAYやBRAND NEWの全盛期を彷彿とさせるエモーショナルな楽曲とサウンドが称賛され、大きな話題となる。2013年2月にICE GRILL$より同作初のフィジカル・リリースとして1stアルバム「Self-Titled」がCDフォーマットで全世界先行リリースされると本国でも晴れてPaper+Plastickと再契約を交わし、フィジカルでリリースされる。その後はWHAT’S EATING GILBERT、CANDY HEARTS、BOY SETS FIRE、NO TRIGGER、LIGHT YEARS、LESS THAN JAKEらとツアーを行なっている。2013年にPaper+PlastickとBlack Numbersより「Inside The Sea」EPを発表。2015年にはBad Timing Recordsより「Stuck Forever」シングルと2ndアルバム「I, No Longer」をリリース。エモーショナルなメロディーと歌詞、初期TAKING BACK SUNDAYを思わせるエナジーとパンクの要素も維持しつつも、BRAIDを始めとする90年代のエモのニュアンスも感じさせるソフトなインディー・ロック/エモサウンドに仕上がっている。

FOR FANS OF //
TAKING BACK SUNDAY, BRAND NEW, BRAID, HOT WATER MUSIC



pen_logo
HOME TOWN
Buffalo, NY
MEMBER
Jeramiah Pauly - Vocals/Guitar
Lance Claypool - Guitar
Vincent Caito - Bass
Michael Hansen - Drums/Vocals
pen_jacket
"Pentimento" (IG-031)
Release date: 2/27/2013
Track Listing //
01. Unless
02. Circles
03. Conscience (Consequence)
04. The Wind
05. No One Lets You Know
06. It Happens To The Best Of Us *
07. The Rain *
08. Days Away
09. The Bridge
10. Almost Atlantic
11. Subtle Words
12. For Winter
13. On Summer
*Bonus Tracks
Buy CD